Tel: 0120-422-879
09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年05月21日
ブログ

広島国際大学が就職保証の奨学金制度を創設へ

東広島キャンパスの校舎

 

地元の医療・福祉法人と提携へ

 

AO入試の受験生を対象に就職を保証する奨学金制度を設けることになった。

 

来年の春に入学する計10人程度の利用を想定する。

 

貸与期間は在学中の4年間で卒業後に5年間勤務するなどの条件を満たせば全額の返還が免除される。

 

国との修学資金の貸付制度との併用も可能だ。

 

受け入れ先は

 

医療法人社団 社会福祉法人あと会グループ(広島市安芸区)

 

医療法人好縁会グループ(東広島市)

 

社会福祉法人平成会(東広島市)

 

社会福祉法人緑風会(岩国市)

 

 

これはかなり画期的な奨学金だと言える。

 

近年は奨学金の滞納が多いらしい。

 

また、就職と同時に奨学金という名の借金を抱え、生活に困っている人も多いらしい。

 

私自身も今年で35歳になるが、いまだに奨学金を返している。

 

返済が終わるの37歳だ。(返済期間は15年)

 

この取り組みは大学を選択する上で、きっと良いコンテンツとなっていくと考えられる。

 

企業が資金を提供するの奨学金も増えていると聞く。

 

企業としても人材確保が目的という面もあるが、社会貢献も出来るため、

 

メリットがある。

 

色々な形が想像され、その結果教育を受ける機会がより増えていけばより良い社会になっていくのだと思う。

 

今後の世の中の流れにも注目していきたい。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
store

会社概要

アパマンショップ広島大学前店
アパマンショップ広島大学前店
arrow_upward