09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年02月17日
ブログ

東広島市の家庭ごみ有料化について


事業系のゴミ袋


ゴミ袋代が値上げされます。



東広島市には2種類のゴミ袋がある。

家庭用と事業用だ。

家庭用は東広島市が回収し、事業用は民間業者が回収を行う。

今回の対象は家庭用だ。

値上げ実施は2017年10月から。

ゴミ袋の販売価格は現行の1.25倍~4倍となる。燃やせるごみ用の袋だと、40リットルサイズの10枚一組100円が400円になる。安い価格とは言えなくなった。


そもそもなぜ値上げなのか?

まず値上げによって期待されているのはゴミの減量化である。

ゴミを出すのにはお金がかかるとなれば、安易にゴミをたくさん出すわけにもいかないだろう、というのが狙いだ。

全国的にもゴミの問題は深刻だ。

処理施設や埋立地の確保には地域住民の理解が必要となるからだ。

東広島も例外ではない。


また、リサイクル事業への取組強化も狙いだ。

今回の値上げで東広島市の歳入が増え、排出抑制や不法投棄防止に取り組む。

その一つが資源回収をする団体への報奨金増額である。

改修重量1キロ当たりの金額を引き上げ、新聞、雑誌、アルミ缶などのリサイクルをさらに進める計画だ。


東広島市は1人1日1006グラムの排出量を850グラムとする目標を掲げている。

そのためには市民の意識変化と、リサイクル事業の資源化率改善が必要となっている。






この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward