09:30 ~ 18:30
水曜日
2017年02月17日
ブログ

東広島市の家庭ごみ有料化について


事業系のゴミ袋


ゴミ袋代が値上げされます。



東広島市には2種類のゴミ袋がある。

家庭用と事業用だ。

家庭用は東広島市が回収し、事業用は民間業者が回収を行う。

今回の対象は家庭用だ。

値上げ実施は2017年10月から。

ゴミ袋の販売価格は現行の1.25倍~4倍となる。燃やせるごみ用の袋だと、40リットルサイズの10枚一組100円が400円になる。安い価格とは言えなくなった。


そもそもなぜ値上げなのか?

まず値上げによって期待されているのはゴミの減量化である。

ゴミを出すのにはお金がかかるとなれば、安易にゴミをたくさん出すわけにもいかないだろう、というのが狙いだ。

全国的にもゴミの問題は深刻だ。

処理施設や埋立地の確保には地域住民の理解が必要となるからだ。

東広島も例外ではない。


また、リサイクル事業への取組強化も狙いだ。

今回の値上げで東広島市の歳入が増え、排出抑制や不法投棄防止に取り組む。

その一つが資源回収をする団体への報奨金増額である。

改修重量1キロ当たりの金額を引き上げ、新聞、雑誌、アルミ缶などのリサイクルをさらに進める計画だ。


東広島市は1人1日1006グラムの排出量を850グラムとする目標を掲げている。

そのためには市民の意識変化と、リサイクル事業の資源化率改善が必要となっている。






arrow_upward