09:30 ~ 18:30
水曜日
2017年05月14日
ブログ

企業主導保育所

 

待機児童対策として新たな保育所が増えている

 

あまり聞き慣れない言葉だ。

 

内容は名前の通りで、企業が市町村の認可を受けずに設ける保育所の事。

 

待機児童が増える中、その解消になるために今後の増設が期待されている。

 

また、政府主導で推進もしているらしい。

 

企業は人材の確保が主な目的だ。

 

東広島市にはまだないが、県内には24施設がある。定員は今の所474名。

 

認可施設が原則全員が保育士でないといけないのとは違い、

 

認可外は半数が保育士であればいいなど基準が緩和されている。

 

それでも認可施設並みの助成金が支給されるので、今後増えていくのだと思う。

 

企業保育所というとTVCMでヤクルトさんが行っているイメージがある。

 

女性が働く職場だからそういう事にも率先して動いているのだろう。

 

東広島市でも今後この流れは進むのかなと思った情報でした。

 

arrow_upward