09:30 ~ 18:30
水曜日
2017年05月16日
ブログ

八本松の風景

5月15日の夕方

 

東広島市で米の新ブランド「賀茂八十八」を栽培開始

 

写真は昨日の帰宅時に撮影したものだ。

 

ちょうど夕暮れ時になっており、田んぼと相まって凄く綺麗に撮影できた。

 

八本松は古くから米作りが盛んな地域だ。

 

賀茂大地の良質な土と水が農業に適しているのだろう。

 

秋には黄金色の稲穂でさらに綺麗な風景となる。

 

そんな穀倉地帯であるこの地域で新たにブランド米が誕生する。

 

その名も「賀茂八十八」(かもやそはち)

 

西条・八本松・高屋地区で賛同した法人が参加し、計約30ヘクタールで栽培する。

 

品種はコシヒカリ。

 

特徴は従来の農薬の使用回数化学肥料の使用量を2割減らす事。

 

名前の由来は賀茂大地と米作りには88の手間がかかる、という事から名付けられた。

 

話しは変わるが2018年からは生産調整いわゆる減反が廃止される。

 

農業の業界も競争が激しくなり、より地産地消や販売の工夫が必要になってくる。

 

地元ブランドとしてこれから成功していく事を切に願うと共に、

 

販売開始の際には是非購入したいと思う。

 

 

arrow_upward