09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年06月12日
ブログ

東広島市の一般不妊治療費・不育治療費助成制度について

2017年4月より東広島市は不妊治療等の治療費の一部を助成する制度を開始している。

制度を知って欲しい

さて突然だが我が家は4人家族だ。

最近流行りの晩婚ではあるので、不安も少なからずあった。

というか30歳で結婚というのももはや晩婚ではないのだと思う。

しかしながらたまたまではあるが、子宝に恵まれた。

まさにラッキーである。

近年は女性の社会進出も目覚ましく、晩婚化の傾向はしばらく続くものと思われる。

そうなると不妊治療が必要になってくる年齢にもなりやすいのだろう。

ちなみに自然妊娠率は35歳を境に急激に落ちるというデータもあるらしい。

待機児童の問題があるかと思いきや、実は晩婚化に伴う不妊も多いというが実情。

世の中というのはなかなか上手くはいかないものですね。

東広島市は待機児童対策をしていますし、この不妊治療についても対策を講じています。

詳しくは東広島市にお問合せして頂ければと思いますが、

内容としては

 

不妊治療費  

妻の年齢が35歳未満の場合は夫婦1組当たり5万円まで

妻の年齢が35歳以上の場合は夫婦1組当たり2万5千円まで

 

不育治療費

夫婦1組当たり5万円まで

 

上記の様な助成があるようです。

 

この制度もご存じなければ意味がありません。

このブログを通して少しでも情報が拡散されれば幸いです。

 

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward