09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年07月09日
ブログ

東広島市は出店ラッシュの状態

2017年11月11日に開業を目指している「東広島モール(仮称)」を始め、JR西高屋駅近くにも「高屋モール(仮称)」も2018年2月14日に開業に向け、動いている。

さらに国道375号バイパス沿いにはイオンとイズミが出店を計画している。

これは消防署付近となる。どちらかで決まる見通しだ。

最後にJR寺家駅北側にはショージ寺家店(仮称)のオープンを目指している。

東広島市は流通戦国時代

東広島市は今まさに出店が相次いでいる。

西条プラザが無くなり、大型ショッピングセンターが減ったなぁ、

なんて事はないのである。

まず西条プラザの跡地は工事が順調に進んでおり、11月には開業する。

すでに入居テナントは大半が決まっているらしい。

ハローズがついに東広島にも来るというので、東部に所縁のある人は感慨深いのではないだろうか。

また同社は高屋でも大型ショッピングモールを建築する。

イッキの攻勢に出てきているわけだ。

しかし地場も負けてはいない。

西條商事も寺家に出店を計画している。さらにイズミも大型ショッピングセンターを計画している。しかしこれは大手のイオンとの競争となるので大変だ。

JR寺家駅が出来た事や、地方都市にしては人口が減っていない事、むしろ少し増えている事などが出店ラッシュに繋がっているのだろう。

 

個人的には八本松在住なので、八本松にも新しいお店が出来ると嬉しい。

 

消費者にとってはますます便利になっていく東広島市の今後がとても楽しみでしょうがない。そんな事を思わせてくれる話題でした。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward