09:30 ~ 18:30
水曜日
2017年08月26日
ブログ

宅地建物取引士の法定講習に行きました。

年に1回しかない宅地建物取引士の試験。

合格すると要件を満たしていれば資格証が発行してもらえる。

要件とは実務経験2年以上もしくは登録実務講習を受ける必要がある。

合格後も5年に1回ほど法定講習があり、最新の法改正などを学ぶ。

今回は2回目の講習でした。

つまり資格取得は約10年前という事です。

狭き門である国家資格

不動産を取り扱う上で必要な資格。

それが宅地建物取引士という資格になります。

毎年10月に試験があり、2015年と2016年の合格率は15.4%というそこそこ難しい試験である。

受験は誰でも受ける事ができる。(一部欠格要件などはあり)

最年少だと12歳に受かった人もいるのだとか。

まさに神童ですね。

私が合格した時はすでに社会人でしたので、仕事帰りに勉強するのは本当に大変でした。

もう一度受験しなければいけないとなったら、、、かなり辛いですね。

さて法定講習ですが、時間は9時半~17時まで。

そう一日中です。

かなり堪えますが、仕方ありません。

しっかり勉強させて頂きました。

新たな知識を付けて、お客様に安心して取引をして頂く。

その思いが大事なのだと思います。

次に法定講習を受ける時には39歳。

今もそうですが、仕事盛りの時期だと思います。

日々研鑽し業務に当たろうと思った一日でした。

arrow_upward