09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年08月26日
ブログ

宅地建物取引士の法定講習に行きました。

年に1回しかない宅地建物取引士の試験。

合格すると要件を満たしていれば資格証が発行してもらえる。

要件とは実務経験2年以上もしくは登録実務講習を受ける必要がある。

合格後も5年に1回ほど法定講習があり、最新の法改正などを学ぶ。

今回は2回目の講習でした。

つまり資格取得は約10年前という事です。

狭き門である国家資格

不動産を取り扱う上で必要な資格。

それが宅地建物取引士という資格になります。

毎年10月に試験があり、2015年と2016年の合格率は15.4%というそこそこ難しい試験である。

受験は誰でも受ける事ができる。(一部欠格要件などはあり)

最年少だと12歳に受かった人もいるのだとか。

まさに神童ですね。

私が合格した時はすでに社会人でしたので、仕事帰りに勉強するのは本当に大変でした。

もう一度受験しなければいけないとなったら、、、かなり辛いですね。

さて法定講習ですが、時間は9時半~17時まで。

そう一日中です。

かなり堪えますが、仕方ありません。

しっかり勉強させて頂きました。

新たな知識を付けて、お客様に安心して取引をして頂く。

その思いが大事なのだと思います。

次に法定講習を受ける時には39歳。

今もそうですが、仕事盛りの時期だと思います。

日々研鑽し業務に当たろうと思った一日でした。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward