09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年09月10日
ブログ

東広島掃除に学ぶ会定例会in東広島市立平岩小学校

2017年9月10日に東広島市立平岩小学校にてトイレ掃除を行った。

主催は東広島掃除に学ぶ会。

今回は広島・呉の掃除に学ぶ会との合同で行った。

 

トイレ掃除は心磨き

集合は午前7時半。

場所は東広島市立平岩小学校。

今日は年に1回の掃除に学ぶ会への参加の日だ。

 

今年は初めて東広島掃除に学ぶ会に参加してみた。

広島市や呉市など大きな都市にはあったのだが、東広島市には最近まで掃除に学ぶ会がなかった。

今回は地元で参加出来て凄く良かったと感じた。

まぁ今までも母校に参加してたりしてたので、

それはそれで楽しかったし懐かしかったのだが。

 

さて、この掃除に学ぶ会だが、日本全国に支部会があり、地域の小中学校のトイレをお借りしてトイレの掃除を児童や保護者、地域の方々と行っている。

 

活動の目的は心磨き。

掃除を通して、心の荒みと社会の荒みをなくすことを目指しています。

 

8時から開会式があり、何故トイレを掃除するのかを学び、

掃除道具の使い方などを学ぶ。

 

そして8時半から掃除実習開始。

なんと10時までの1時間半も掃除をする。

 

しかし実際に掃除をすると1時間半くらいかかるのだ。

まずは便器をこれでもかと掃除する。

洗剤に使うのは「カネヨン」。

これは少量で汚れがしっかり落ちる上に、海などに流れても環境に影響がない、という理由で選ばれている。

後はスポンジとサンドメッシュでごしごしこする。

これでもかとこする。

日頃そこまでこすってまで掃除をしていないので、案外と汚れがあったが、

かなり汚れが落ちて綺麗になった。

これだけでかなりの時間を要した。

次に換気扇。

これなどは普段掃除されていないので、かなり埃だらけだ。

今回も例外なく、埃だらけであった。

これは分解して掃除を行い、雑巾で綺麗にした。

 

そして今回一番苦労したのは排水口。

 

なんと汚れが溜まり過ぎてフタが取れない。

 

10分くらいフタと格闘してました。

 

さらに水が流れない。

 

これは排水口の中のゴミを取り除いた上で、スッポンで流れを良くした。

 

なかなか衝撃的な汚れ具合であった。

 

細かい掃除は色々あるけれど、今回大変だったのはこの3点だった。

 

掃除前と比べてかなり綺麗になったと思う。

 

掃除実習が終わると10時40分から交流会(閉会式)が始まる。

各班の体験発表会を行い、総括しての講評が行われる。

終了したのは11時過ぎくらいだった。

 

トイレ掃除は誰もが嫌がる事。

しかし汚い所を汚いままにしておくとさらに汚くなっていき、

そうして場が荒れていく。

汚い場所ほど、綺麗にしていき、清潔にしていくことで荒んだ心が生まれにくくなっていくのだと思う。

綺麗な所は汚しにくいですから。

 

さて、来年はどこに行こうかな♪

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward