09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年05月22日
ブログ

広島大学が17季振りに広島六大学野球リーグ優勝!国立の意地をみせた。

広島六大学野球リーグは近畿大学工学部が連覇している状況だったが、広島大学が17季振りに優勝し、全日本大学選手権への出場権を獲得した。

昨秋のリーグ戦は3位。そこからの猛練習で勝ち取った!

私立大学が選手を集め、大学野球界を席巻する中、国立大学である広島大学が優勝するという事はとても凄い事だと思います。

特に広島六大学野球リーグは近年は近畿大学工学部が強く、連覇している状況でした。さらに広島経済大学も福岡ソフトバックホークスの柳田選手を輩出した事から選手が集まりやすい環境にあり、近年は強い状態でした。

その中でのこの優勝は価値あるものだと思います。

さらにエースの中田投手はプロ注目の選手です。

広島大学からプロ野球選手になった例はあまりなく、私の記憶では全く知りません。

調べてみると久保祥次さんという方が1962年に広島東洋カープに入団している、という情報がありましたが、他にはないかもしれません。

まだまだプロ野球のペナントレースは始まったばかりなので、ドラフト会議の話しをしてもしょうがないですが、今から今秋のドラフト会議が楽しみですね♪

また全日本大学選手権での活躍も期待したい所です。

地方の国立大学が、関東や関西の強豪大学を破るというニュースが聞きたいです。

今後の活躍に益々目が離せませんね♪

arrow_upward