09:30 ~ 18:30
水曜日
2019年01月19日
ブログ

広島大学病院がアレルギー疾患治療の人材育成拠点に指定へ

広島市南区にある広島大学病院が新たなに指定される。

広島県では初の選出。

医療水準の向上が期待されている。

広島県でも治療に本腰を入れてきた

今回の措置は2018年4月にできたアレルギー疾患対策基本法に基づく指定となる。

岡山県ではすでに2拠点あり、広島県でも選定が進められていた。

 

広島大学病院ではすでにアレルギー疾患の専門医が在籍。

科目は「皮膚科」「内科」「耳鼻咽喉科」だ。

日本アレルギー学会が認定する専門医の養成施設でもある。

 

指定受け、今後は地域と連携し、研修会を開催したりして知識や技術の向上を目指す。

 

アレルギーは自分自身の力ではどうしようもない。

先天性のものから後天性のものまである。

花粉症などもそうだ。

個人的にはフェルビナクは身体が受け付けない。

使用すると皮膚に変な斑紋がでる。

 

年々アレルギー持ちの人が増えてきているとも言われている。

現代病の一種とも考えられているそうで、これからなくなる事はないのだろう。

 

だからこそ、このような拠点病院を設け、治療にあたることが大事なのだと思う。

 

やはり人間健康が一番ですね。

 

arrow_upward