09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2019年01月19日
ブログ

広島大学病院がアレルギー疾患治療の人材育成拠点に指定へ

広島市南区にある広島大学病院が新たなに指定される。

広島県では初の選出。

医療水準の向上が期待されている。

広島県でも治療に本腰を入れてきた

今回の措置は2018年4月にできたアレルギー疾患対策基本法に基づく指定となる。

岡山県ではすでに2拠点あり、広島県でも選定が進められていた。

 

広島大学病院ではすでにアレルギー疾患の専門医が在籍。

科目は「皮膚科」「内科」「耳鼻咽喉科」だ。

日本アレルギー学会が認定する専門医の養成施設でもある。

 

指定受け、今後は地域と連携し、研修会を開催したりして知識や技術の向上を目指す。

 

アレルギーは自分自身の力ではどうしようもない。

先天性のものから後天性のものまである。

花粉症などもそうだ。

個人的にはフェルビナクは身体が受け付けない。

使用すると皮膚に変な斑紋がでる。

 

年々アレルギー持ちの人が増えてきているとも言われている。

現代病の一種とも考えられているそうで、これからなくなる事はないのだろう。

 

だからこそ、このような拠点病院を設け、治療にあたることが大事なのだと思う。

 

やはり人間健康が一番ですね。

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward