09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2017年09月04日
ブログ

東広島市のごみ指定袋交付事業

ゴミ袋有料化に伴い負担が増す紙おむつを使用する人のためにゴミ袋を交付する制度。

紙おむつは資源化や排出抑制ができないための措置。

申請受付は2017年10月2日から。

子育てをする上で有益な情報を届けたい

この度のゴミ袋有料化の目的はゴミの抑制を目的にしている。

 その目的とは違うものに関しては助成をするということなのだろう。

たしかに私自身2人の子供を育てているが、おむつの使用頻度はどうやっても減るものではない。

ただ、対象は限定されているので注意が必要だ。

子育ての場合の対象は「2歳未満の人を養育している人」だ。

但し、平成27年10月2日以降生まれで、東広島市の区域内に住所を有する人に限ります。

申請には母子手帳と申請者の本人確認書類が必要だ。

ゴミ袋の種類は4種類あり、選択が必要となる。

種類は下記の通りだ。

 

家庭系指定袋 40L

家庭系指定袋 20L

事業系指定袋 45L

事業系指定袋 20L

 

お住いの住居により使用しているゴミ袋が違うと思うので注意してください。

 

また、交付は1組(10枚)単位となる。

 

最後に交付組数だが、

「申請日に属する月から満2歳に達する日の属する月までの月数に100Lを乗じた容量分に相当する組数」

但し、交付対象となる月数は、24ヵ月分を限度にとし、月数に応じたゴミ袋を一括交付となる。

 

詳しくは下記の東広島市のサイトで確認をして欲しい。

この情報を知っている場合と、知らない場合では、生活する上での費用で違いが出てくる。

出来るだけ多くの方々に知ってもらいたいと切に願っている。

 

東広島市のサイトはこちらをクリック

 

 

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward