09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2018年01月16日
ブログ

東京23区への大学定員の増加を中止へ

東京一極集中の是正に向け、政府が動きだした。

東京23区内にある大学に対し、原則として10年間の定員増加を認めないという法案を今月の国会で提出する予定だ。

それに伴い、地方大学を活気付けるための交付金も創設するという。

地方創生は大学からも始まる

東京に憧れがある若者は多いと思う。

若い頃の私自身もそのような時期があった。

しかしそういう人が多過ぎる様で首都圏への転入超過が止まらない状況だ。

2016年の東京圏(東京・千葉・椛川・埼玉)の転入超過は約12万人。

地方は人口流出に悩んでいるのが現状なのだ。

今回の措置は地方創生の一環だと思われる。

地方大学への進学が増えれば、そのまま地方へ移住したままの人も増え、

地方が活性化する。

そういう狙いがあるのだろう。

地方大学には支援をしていくようだ。

広島大学も例外ではなく、先日も地方創生大臣が来たようにその支援策を積極的に受けていく事になる。

また、ライバルとなる地方大学もたくさんあり、これからは大学と言えども企業努力をしなければ潰れてしまうと思う。

交付金を受けるには大学や自治体や企業と共に行う取り組みが必要らしい。

広島大学や広島国際大学が今後も発展していくために、当店としてもこれから考えていかなければならないのだと思う。

 

広島大学周辺のお部屋探しはこちらをクリック

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward