09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年02月03日
ブログ

広島大学2次試験志願状況~1月31日午後3時現在~

2018年2月1日に広島大学の二次試験の中間志願状況が発表された。

確定の志願倍率は2月15日に発表予定。

広島大学は昨年同期の倍率から0.2ポイント低い3.5倍となっている。

東広島キャンパスの前期日程では総合科学部の国際共創学科が4.3倍となっており、一番倍率が高い。

新しい学科が人気。そして倍率が少し昨年より低い

国公立大学の二次試験の志願者数の中間情報が公開された。

広島大学は昨年よりも低く、募集人員2,020人に対し、

志願者数は6,977人となっている。

おそらく先日の中間発表で志願者が多かったため、受験を回避した人がいたのではないかと推察される。

各学科の状況は下記の通り。

●総合科学部

総合科学 前期 2.3倍

     後期 6.5倍

国際共創 前期 4.3倍

 

●文学部

人文 前期 3.2倍

   後期 6.4倍

 

●教育学部

第一類 前期 1.8倍

    後期 8.2倍

第二類 前期 2.0倍

    後期 6.9倍

第三類 前期 2.1倍

第四類 前期 1.6倍

    後期 8.5倍

第五類 前期 2.7倍

    後期 9.2倍

 

●法学部

法(昼) 前期 2.3倍

     後期 6.5倍

 

●経済学部 

経済(昼) 前期 3.2倍

      後期 5.7倍

 

●理学部 

数学 前期 1.5倍

   後期 6.6倍

物理学 前期 2.0倍

    後期 7.3倍

化学 前期 1.9倍

   後期 6.6倍

生物科学 前期 2.2倍

地球惑星システム 前期 2.3倍

         後期 3.3倍

 

●工学部

第一類 前期 2.9倍

    後期 11.9倍

第二類 前期 2.2倍

    後期 4.9倍

第三類 前期 1.6倍

    後期 5.0倍

第四類 前期 3.0倍

    後期 9.2倍

工学特別 前期 2.3倍

 

●生物生産学部

生物生産 前期 2.5倍

     後期 7.5倍

 

●情報科学部

情報科学 前期 3.1倍

     後期 8.7倍

 

人気の学科は新設の国際共創学科と情報科学、それに経済学科と工学部第四類も3倍以上の倍率となっている。

さて倍率は後期の方が高いのだが、実際の受験率は低いのが毎年の流れだ。

広島大学の後期の受験率は36%と予想されている。

但し、後期の受験者は前期よりもレベルの高いと言われる大学を受験した人が受験している事が多く、実際の倍率はかなり下がるが、かなり高いレベルでの受験になるので大変な事には違いない。

ちなみに前期の予想受験率は98%であり、ほとんどの方が受験すると言っていいだろう。

受験大学が決まったこともあってか、最近は合格前予約する方もかなり増えてきた。

早めのお部屋探しは合格後の手続きが楽になるので、是非おススメしたい。

お部屋が予め決まっていれば、それだけでも準備が楽になるはずだ。

合格前予約を希望なら下記サイトで是非お部屋探しを。

 

広島大学周辺のお部屋探しはこちらをクリック

arrow_upward