09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年02月06日
ブログ

広島大学の学生がビジネスプランのコンテストに出場へ

2018年2月18日に広島市中区紙屋町の県営施設「イノベーション・ハブ・ひろしまCamps」で開催されるコンテスト。

イベント名は「スタートアップ・トーク・イン・ヒロシマ」。

社会の課題の解決、暮らしの利便性向上などのアイデアを出し、ビジネスに繋げられるかどうかが競われる。

 

広島大学出身者の起業家が審査員

起業やベンチャー企業への関心のある広島県内の大学生によりコンテストが開催される。

企画・運営は広島大学、広島市立大学、広島修道大学に通う学生15人。

出場は無料らしく2月4日で締め切られているが、観覧者60人は先着ではあるが、2月11日まで募っているので、ご興味があれば是非行ってみてはどうだろうか。

応募はこちらのサイトから。

 

ふと自分が学生時代にこんな事を考えてみたかを思い出してみる。

多分だが、周りには一人も起業を考える人はいなかったし、ましてやコンテストに出るなんてことはまずなかった。

最近の大学生は凄いなぁ、と感心しつつSNS等が普及し、大学間の垣根を越えて色々と出来るようになっているのかなぁとも思う。

審査員には広島大学OGの方もおり、私も知っている人だった。

彼女は在学中から頑張っていらっしゃった。

そして今度は審査する側とは恐れ入る。

この方だけではなく、広島大学には在学中に起業する人も少ないがいる。

もしかしたら起業しやすい風土があるのかもしれない。

 

ちなみにコンテストの優勝者には賞金1万円と3月に福岡県であるコンテストの出場権を獲得する。

 

広島から世界へ。

さらに羽ばたいていく人が増えればいいなと思う。

arrow_upward