09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2018年02月06日
ブログ

大学入学共通テストの試行調査

2020年度からセンター試験は大学入学共通テストとなるのはかなり周知されてきていると思う。

そして試験内容も記述式が出てくるなど、変更の予定だ。

きっと試験問題を作成する方も大変なのだと思う。

 

そして今回の試行調査だが、英語が対象となる。

全国158校が参加し、検証を行う。

共通テストの英語では「読む・聞く・話す・書く」の4技能が評価対象。

一方で2023年度までは移行期間として従来型の試験も作成し、受験生は志望校によってどちらか、あるいは両方を受けることになるらしい。

 

世の中は常に変化している

大学改革が進んでいる。

国立大学でさえも、地方だと厳しい時代がきている。

特に研究費などは顕著らしく、主要な大学に助成が集中しているのが現状だ。

そして試験の改革も進んでいる。

大学入学共通テストなどが、今後も変化が進んでいくだろう。

今回の試行調査には広島県からは6校が協力校として参加する。

問題構成や内容が本番で受け継がれるわけではないが、選ばれた高校は名誉あるものかもしれない。

世の中は常に変化している。

高校も大学もそして社会もそうだ。

巻き込まれていく人は大変かもしれないが、適応した人がよりよい選択ができるのも事実である。

そして今年の広島大学の試験は2月25日。

すでに三週間を切っている。

本番に向けてラストスパートで試験勉強を頑張って頂ければと思う。

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward