09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2018年02月26日
ブログ

広島大学大学院の研究について~水圏資源生物学研究室~

広島大学大学院の研究室が口永良部島を拠点に生態研究をしている。

そしてこの度、口永良部島一帯の魚類を調査した結果を図鑑にまとめた。

図鑑名は「緑の火山島 口永良部島の魚類」。

B5版、200ページの図鑑だ。

研究成果を図鑑に

口永良部島といっても場所がピンとこない方も多いと思う。

鹿児島県にある島で、屋久島から近い所に位置する、と言えば分かりやすいかと思う。

 

自然豊かな島で周辺海域は黒潮が蛇行し、多種多様な魚が生息する海域なのだそうだ。

 

広島大学大学院の研究室は1970年からこの口永良部島を拠点に研究を続けている。

 

しかしながら2015年5月29日9時59分に島内にある新岳が噴火。

全島避難となった。

2016年6月に避難指示が解除され研究が再開。

今回の図鑑にはそんな歴史も盛り込んであるという。

図鑑を通して口永良部島の復興を後押ししたいという思いもあるそうだ。

 

図鑑は島の小中学校や住民にも配布された。

 

大学の研究は多岐に渡るのだか、広島からこんなにも離れた場所にも拠点がある事に驚いたのが正直な所だ。

図鑑には新種の深海魚「エラブスミヤキ」を始めとした686種が収録してある。

 

様々な場所で活躍する広島大学の学生を、これからも応援していければと思う。

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward