09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2018年03月24日
ブログ

広島大学の後期受験の欠席率について

2018年3月12日に広島大学の後期受験が行われた。

例年通り、欠席も多く、今年の欠席率は60.9%。

実に志願者数2,334人中1,422人もの欠席者がいたことになる。

 

補欠合格の方にも安心のお部屋をご提供致します

少し前になるが、広島大学の後期受験の受験者数が発表されている。

受験者は912人。

例年通りではあるが、後期受験は欠席者が多い。

 

そのため、最初に発表された倍率ほど、高くはならないのだ。

とはいうものの、志望校を前期受験から変更している人も多く、

前期から引き続き後期受験する人にはある程度高い壁になる。

 

後期の合格発表は3月20日に行われ、お部屋探しも明日が最後のピークになりそうです。

明後日からは次に入居する方のお部屋をしっかり準備する、というお仕事が我々には課せられています。

せっかく決めて頂いたお部屋に気持ちよく入居してもらえるようにするのも大事なの仕事です。

しかし実は最後の最後に補欠合格という制度もあり、ギリギリでのお部屋探しをする方もいらっしゃると思います。

その方のためのお部屋探しも一生懸命させて頂きますので、

どうぞアパマンショップをご利用くださいませ。

 

最後まで皆様のお問合せをお待ちしております。

 

広島大学周辺のお部屋探しはこちらをクリック

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward