09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年03月25日
ブログ

広島大学の学長が再任される

2019年3月末で現在の越智学長が任期満了となる。

広島大学の学長の任期は4年。

連続2期まで務めることができる。

 

広島大学から世界へ羽ばたく人材を育成

広島大学の現在の学長が就任して約3年となり、

次の学長を決める時期となったため、2018年3月16日に学長選考会議が開かれ、

再任が全会一致で承認された。

新しい任期は2019年4月から4年間となる。

 

今の学長の目標はとても高い。

広島大学を世界大学ランキングトップ100位以内にする事を掲げている。

現在のランキングは「601~800位」。

目標は高く、厳しいが、高みを目指して欲しいと思う。

 

広島大学の近年の状況は新設の学部や学科からも分かるように、これから始まるグローバル社会やIT化の流れにきちんと対応していく姿勢となっている。

再任されるとなればこれまでの改革も継続して取り組めるので、

これからの広島大学には益々目が離せない状態だ。

海外に出ていく人も多くなるのだろう。

実際に留学に行く人は間違いなく増える予定だ。

 

近年が日本人学生の留学が減少していると言われている。

その中でも広島大学は増えているのだから、凄い事だと思う。

広島大学はきっと勝ち残っていくのだと思うし期待したい。

 

 

arrow_upward