09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2018年06月29日
ブログ

津波災害警戒区域の指定について

現在未指定となっている津波災害警戒区域が瀬戸内海沿岸部を中心に県内14市町村【広島市、東広島市、呉市、竹原市、三原市、尾道市、福山市、廿日市市、江田島市、府中町、海田町、坂町、大崎上島町】の1部区域を来年3月に指定する方針を広島県が固めた。

 

詳しい指定エリアについて

7月に協議を始めて年内には区域案を固め3月に最終決定を行う予定。

最も大きいとされている南海トラフ巨大地震(マグニチュード9.0)を想定とし、指定する14市町の詳しいエリアを決定する。

中国地方で津波災害警戒区域を指定するのは山口県に次ぎ2県目になる。

 

この記事を書いた人
渡辺 拓海 ワタナベ タクミ
渡辺 拓海
入社後、アパマンショップ広島大学前店の勤務となりました。 そして、東広島市へ配属と同時に、東広島市へ移住しひとり暮らしを始めました。 その為、東広島市の地理にはすぐに慣れ、お客様の物件見学にもすぐに同行出来るようになりました。 よりよい物件をご紹介できるよう、日々物件回りを毎日行っています。 広島市安佐北区出身。独身。
arrow_upward