09:30 ~ 18:30
毎週水曜日
2018年06月09日
ブログ

東広島市と広島大学の共同研究

東広島市と広島大学は共同研究を行っているが、本年度の研究テーマを9つ採択した。

テーマは下記の通り

・ロボットを活用したプログラミング教育

・仮想現実を使った防災訓練ソフトの開発

・市内のバス路線の研究

・子どもの読解力育成

・中小事業者の生産性向上

・AIを使った米粒の判別

・製品の触り心地の数値化

・室内光や磁場を使ったこうじの製法

・酒かすを使った機能性食品の開発

 

以上である。

選考は実現可能性や地域への波及効果などを基準にされたらしい。

地域活性化に繋がる広島大学と東広島市の関係

広島大学は共同研究を様々な形で進めているが、東広島市とも行っている。

今回ご紹介したのは研究は東広島市が負担するようだ。

特に注目が集まっているのが、ロボットを活用したプログラミング教育だ。

2020年度には小学校でプログラミング授業が必修化されるにあたり、今後の目指すべき方向などを検討するのに最適なのだろう。

個人的には「市内のバス路線の研究」に興味津々だ。

不動産とも関わってくるからというのが理由ではあるが、

地域における人の流れなどが分かるのかもしれない。

 

研究機関は1~3年程度を想定。

年度末に研究の継続の是非を判断するらしい。

 

東広島市は県内唯一の国立大学があるという強みを活かし、

研究が盛んだ。

地域の発展のため、東広島市と広島大学にはもっと密な関係であって頂きたいと思う。

 

 

この記事を書いた人
田儀 正則 タギ マサノリ
田儀 正則
2005年3月に大学を卒業。同年4月に(株)プランニングサプライに入社し社会人生活を始める。 安佐南店(現広島高取駅前店)に配属となる。 2007年4月からアパマンショップ広島駅新幹線口店に転勤。 2008年5月に同店の店長となる。 地元広島市で仕事をし、さらに地元が好きになる。この広島市時代に法人やファミリー、そして学生さんなど様々なお客様の対応し経験を積むことになった。 また地元である事も活かし、友人知人を通し人脈を増やし、ご紹介を多く頂くようになる。 2011年6月にアパマンショップ広島大学前店に店長として転勤。初めて広島市を離れる事となる。縁も所縁もない土地で悪戦苦闘する。ここで不動産の難しさを改めて知る事となる。 ここから東広島市を地元にすべく日々勉強を重ねる。特に広島大学関係についてはどうすれば学生さんに良いサービスを提供できるかを考え実践している。 また、自分自身が子育て中という事もあり「子育て環境」にも注目し、賃貸会社として何が出来るかを実践中。 住みやすく子育てするならこの街「東広島市」をアピールするため、自ら体験した事をお客様に提供し、東広島市を盛り上げていきたいと思い奮闘している。 追記:2017年10月より広島大学前店の店長を退任し、東広島地区エリアマネージャーとなる。
arrow_upward