09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年06月09日
ブログ

東広島市と広島大学の共同研究

東広島市と広島大学は共同研究を行っているが、本年度の研究テーマを9つ採択した。

テーマは下記の通り

・ロボットを活用したプログラミング教育

・仮想現実を使った防災訓練ソフトの開発

・市内のバス路線の研究

・子どもの読解力育成

・中小事業者の生産性向上

・AIを使った米粒の判別

・製品の触り心地の数値化

・室内光や磁場を使ったこうじの製法

・酒かすを使った機能性食品の開発

 

以上である。

選考は実現可能性や地域への波及効果などを基準にされたらしい。

地域活性化に繋がる広島大学と東広島市の関係

広島大学は共同研究を様々な形で進めているが、東広島市とも行っている。

今回ご紹介したのは研究は東広島市が負担するようだ。

特に注目が集まっているのが、ロボットを活用したプログラミング教育だ。

2020年度には小学校でプログラミング授業が必修化されるにあたり、今後の目指すべき方向などを検討するのに最適なのだろう。

個人的には「市内のバス路線の研究」に興味津々だ。

不動産とも関わってくるからというのが理由ではあるが、

地域における人の流れなどが分かるのかもしれない。

 

研究機関は1~3年程度を想定。

年度末に研究の継続の是非を判断するらしい。

 

東広島市は県内唯一の国立大学があるという強みを活かし、

研究が盛んだ。

地域の発展のため、東広島市と広島大学にはもっと密な関係であって頂きたいと思う。

 

 

arrow_upward