09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年01月12日
ブログ

明日は2018年度のセンター試験です。

2018年度のセンター試験がいよいよ明日から始まる。

昨年は雪があったが、今年は大丈夫そうだ。

1月13日は「地理歴史・公民」「国語」「外国語」。

1月14日は「理科」「数学」。

平均点の中間発表は1月17日。

得点調整の有無の発表は1月19日。

広島大学の一般入試出願開始は1月22日。(1月31日PM:5時までが出願期限)

センター試験の平均点の最終発表は2月1日を予定。

病気等による欠席者のための追試験は1月20・21日に大阪と東京で開催される。

 

決戦は週末となった。

今年もこの季節がやって参りました、センター試験。

今年のセンター試験は全国695会場で実施される。

中国地方は55会場であり、東広島市では広島大学や近畿大学等が試験会場となっている。

全国の志願者数は昨年より6702人多く、582,669人。

但し、中国地方は前年より60人少なく、34,165人。

地方の人口が少なくなっているなぁと感じる数字だ。

 

ちなみに現行のセンター試験が開催されるのも2019年度まで。

2020年度からは「大学入学共通テスト」というものが導入される。

現行の試験よりも記述式が多くなり、「思考力・判断力・表現力」が必要になるとされる。

試験を作る側も試行錯誤を繰り返しているのだ。

何はともあれ、明日が本命校への第一関門である事は違いない。

体調を整え、きっちり睡眠を取り、明日へ備えて欲しい。

皆様のご成功をお祈り申し上げます。

 

arrow_upward