09:30 ~ 18:30
水曜日
2018年01月13日
ブログ

今年のセンター試験も雪ですね。

2018年度のセンター試験が始まった。

天気予報は晴れだったが、東広島市は雪が降っていた。

東広島市のセンター試験は無事に開始される

今年も雪である。

確か去年も雪だった。

センター試験は毎年雪が降るイメージだ。

もちろん東広島市という地域性だとは思うが。

冬だから降ってもおかしくはないのだが、とにかく寒い!

ただ、幸いにも雪は降っていたが路面凍結などはなく、また週末という事もあり、

特に渋滞なども発生しておらず、試験は通常通り開始されたようだ。

 

話しは少し戻って通勤する時に広島大学東広島キャンパスの前をいつも通る。

いつもは何も感じないが、今日は異様な熱気だ。

何があるかというとセンター試験を応援するための幟旗を持った方がたくさんバス停の近くにいて受験生を応援しているからだ。

高校関係者や予備校、塾の旗が並ぶ。

まるで駅伝の沿道みたいである。

そういう光景をみるとこの試験にある意味人生がかかっているのだなと思う。

応援する方も心から頑張って欲しいと思っているのだろう。

そうでないとこんな朝早くから凄く寒いのに試験会場に来るわけがない。

受験する皆さんが成功するという事はありえないが、悔いの無いように頑張って欲しいと本当に思う。

雪の話しに戻るが、報道などによると日本海側などは大雪だという情報もあり、大雪地域は本当に大変なんだろうと改めて思った。

新潟などでは電車に10時間以上閉じ込められたケースもあるそうだ。

東広島市はそこまでの大雪地域ではないのでご安心を。

 

天気予報では明日は晴れ。

何事もなく試験が開始される事を切に願うばかりです。

 

広島大学周辺のお部屋探しはこちらをクリック

arrow_upward